ビブラビ記事一覧

ワーク・ブレイクダウンは皆使っています(2)

今回は、前回の起床から出発の例を使って、
その効果の一例をお伝えします。
毎朝の出かけるまでの
決まった「する事」ですが、
時には、いつもと違うことがあります。
例えば、ありがちな
15分寝坊してしまった
場合を取り上げてみます。
これも、多分「頭の中で」
行ってしまうことです。


起きてから出かけるまでに
「する事」は、
・洗顔
・歯磨き
・着替え
・朝食
・新聞を読む
・持ち物を確認する
でした。
15分起きるのが遅れたので、
いつも通りにすることは出来ません。
ここで、
「段取り」の変更を考えます。
選択肢はいくつもあります。
1.出かけるのを15分遅らせる
2.急いで準備して45分で終わらせる
3.出かける前にしなくてはならない事だけする
4.誰かに手伝ってもらう
などがあります。
この選択肢を考えるのも、
「ワーク・ブレイクダウン」です。
この選択肢の中で、
1、2、3は、自分で決めて、
自分が対処することで
何とかなります。
「2.急いで準備して45分で終わらせる」
を選んだ場合、
急いで漏れなく準備をするには、
「ワーク・ブレイクダウン」したリストが
役に立ちます。
急いでいる時は、
ミスやモレが多くなります。
「リスト」が確実な実行の助けになります。
「3.出かける前にしなくてはならない事だけする」
の「しない」ことを選ぶのにも、
「ワーク・ブレイクダウン」したリストが
役に立ちます。
15分間短縮するために、
「する事」を、
出かける前にする事
と、
出かけてからする事
あるいは、
今日はしない事
に分けます。
「着替え」などは
家でしか出来ませんし、
「新聞を読む」のは、
出かけてから出来るかもしれませんし、
「朝食」は抜くかもしれません。
「ワーク・ブレイクダウン」では、
使う場面によっては同時に
「必要時間」を書くことがあります。
どの「する事」を選べば
15分短縮出来るか
を効率的に判断することも出来ます。
「4.誰かに手伝ってもらう」
については、
「ワーク・ブレイクダウン」の
活用法の中でも、
特に有効な使い方の一つですので、
次回に詳しくお伝えします。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP