ビブラビ記事一覧

【他人の意見の生かし方】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
何かを考える時、他人の意見を聞くことは効果的です。
ところが、他人の意見の生かし方にはポイントがあります。


誰でも一人で考えるには限界があります。
経験や知識には限界があるからです。
そこで、他の人の意見を聞くことが必要となるのです。
他の人は、自分とは違う知識、経験、そして違う視点を持っています。
当然、自分と違う考えを聞くこともあります。
違う意見を言われた時の反応は、人によって違います。
相手の意見に対する反論を最初に考える人もいます。
このタイプの人は、自分の考えに賛同して欲しいと思っています。
そこで自分の意見を正当化しようとします。
一方、自分の考えへの自信を失う人もいます。
違う意見を言われたことで、自分の考えに自信が持てなくなるのです。
そして相手の意見に従うことを選ぼうとします。
実は、どちらも他人の意見を生かしているとは言えません。
そもそも他人の意見と勝ち負けで争ってはいけないのです。
では、どうすると良いのでしょうか?
それは、意見の違いの理由を知ることです。
意見の違いには、さまざまな要因があります。
・背景や前提条件で知っていること
・背景や事実の認識や解釈
・判断に関係する知識や情報
・優先順位やその基となる価値観
などです。
これらの何かが違えば、違う考え、意見、結論になります。
理由を知った上で、自分の意見を再考します。
その結果は、さまざまです。
・自分の意見が良い
・相手の意見が良い
・相手の視点を生かして、どちらでもない意見を考え出す
どれになるかは分かりませんが、大切なのは結論ありきで考えないことです。
他人の意見を生かせない人に多いのは、結論ありきで他人の意見を聞く人です。
他人の意見を生かせるのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP