ビブラビ記事一覧

消極的な姿勢の部下への対処

管理職の現場力の図

2021/04/30 情報を更新いたしました。

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

仕事に対して消極的な姿勢の部下もいると思います。
そのような部下には、どのように対応すると良いのでしょうか?

新しいことに取り組むのが簡単な人は少ない

多くの人にとって、新しいことに取り組むのは簡単ではありません。
面倒で大変なのに加え、仕事ならばミスをしてはいけないという意識もあります。
ですので、前回のブログに書きました、何事にも積極的な部下はありがたい存在です。

ところが現実には、積極的な部下の割合は多くありません。
実際には、ほとんどの部下が消極的かもしれません。

現在は、働き方改革への取り組みのために、仕事のやり方を変えることが求められています。
もちろん、社会的、技術的変化によって、今までと違ったことをしなくてはならないことは多くあります。
新しいことに対して消極的では変化に対応することが出来ません。

消極的な人に対して出来ること

では、消極的な部下に対して、どうすれば良いのでしょうか?
ポイントは3つです。
1.背中を押す
2.チャレンジを楽しんでもらう
3.安心感を与える

消極的な姿勢の理由のほとんどは、新しいことに取り組むのは安心ではないからです。
うまくいかないこともあるでしょうし、時間がかかるかもしれません。
当然、ミスもするでしょう。

これらは、部下の立場から考えると、会社や上司からの評価を下げる可能性のあることばかりです。
そこでお勧めするのは、管理職がチャレンジを楽しむ環境や雰囲気を作ることです。
うまくいかないことも、想定よりも時間がかかることも、そしてミスさえも笑いにしてしまうくらいでちょうど良いです。

うまくいかなくても、ミスをしても明るく笑い飛ばすような雰囲気が作れれば、プレッシャーは軽減します。
上司も含めて同僚が笑い飛ばしてくれることで、安心感も与えられます。
そのような雰囲気を作りながら、一緒に取り組むように誘い、励ますのです。
手を引っ張り、背中を押すことが必要なのです。

部下にチャレンジさせるのも管理職に必要な現場力

今まで慣れ親しみ、特に問題のない仕事のやり方であっても、変えないでいることが難しい時代です。
新しいことに取り組むことに消極的な部下にも、チャレンジさせることが出来るのも、管理職に必要な現場力の1つなのです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP