ビブラビ記事一覧

【「しない」と「出来ない」との違いを自覚する】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
私たちは、よく
「出来ない」
という言葉を使います。
特に、人から
何かを頼まれた時
何かに誘われた時
断る場合に多いと思います。
この時、
「本当に」「出来ない」
のでしょうか?


人から何かを頼まれたり
何かに誘われた時、
「しません」
「行きません」
と言って断ると、角が立ちます。
ですので、当然
「出来ません」
「行けません」
とお断りします。
これは、礼儀であり、
相手への気配りであり、
日本語特有の婉曲表現です。
一つの慣用句のようなもので、
当然、
言葉通りの意味ではありません。
自分自身は、
「したい」「行きたい」けれど、
いろいろと事情があって、
「出来ない」「行けない」ことを
理解して欲しいというのが、
本心ではないでしょうか?
実際は、
「したくない」か
「もっと重要なことがある」から
断っているのです。
人に対して使うのは良いのですが、
自分に対して使うとどうでしょう?
「〇〇をしたら良いんじゃないか」
「〇〇したい」
「〇〇に行きたい」
と思った時、
いろんな状況を考えて、
「出来ない」
「行けない」
と、簡単に結論を出していませんか?
本当は、
「出来ない」のではなく
「しない」のです。
「行けない」のではなく
「行かない」のです。
「しない」「行かない」には、
少し罪悪感があるものです。
そこで、
「仕方ない」
と思うことで、
罪悪感を薄めています。
「出来ない」ことのほとんどは、
「しない」と判断している
だけのことと言われています。
つまり、「出来ない」は、
「しない」ことの言い訳です。
自分に対して言い訳する必要は
ありませんよね?
何かを決める時に、
「出来ない」ではなく、
「しないと判断した」と
言い換えてみてください。
どんな気持ちが起こりましたか?
「出来ない」の理由の多くは、
自分ではどうしようもないことです。
「しない」の理由の多くは、
自分自身の優先順位による判断です。
自分自身で判断し、決めるには
「覚悟」も必要です。
「出来ない」と済ますことに慣れてしまうと、、
「決断」が出来なくなってしまいます。
本当に大切なことを決める時だけで良いです。
「出来ない」という言葉が頭に浮かんだら、
「しない」に言い換えてみてください。
そして、自分自身の「心」が
どう言っているのか聞いてみてください。
きっと、何かモノの見え方が変わります。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP