ビブラビ記事一覧

【意思決定に影響を与える個人的要因】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
意思決定には多くの要因が影響します。
個々人の意思決定の根底には、何があるのでしょうか?


会社のような組織でも、意思決定を行っているのは人です。
そして会社の意思決定の内容は、決定権を持つ人の考え方に影響を受けます。
それでは、意思決定に影響を与える考え方には、どのような種類があるのでしょうか?
大きく分けて、3つあると考えています。
1つ目は、定説に従うタイプです。
何が正しいかは決まっているという考えです。
ですので意思決定の内容は、見つけるか、与えられるものだと考えています。
そして、それをいかに実行するかが、最大の関心事となります。
2つ目は、目的やゴールを重視するタイプです。
まず、ミッションやビジョンを定めます。
そして、それらを実現するために、どうすれば良いかが、意思決定の判断基準となります。
言い換えれば、思い入れが強いタイプです。
3つ目は、論理的であることを重視するタイプです。
ビジネスでは論理的に考えることは重要です。
利害関係者の理解を得たり、社内に徹底するには論理的に説明出来ることが大切です。
そして意思決定をする時にも論理的に導き出すことが重要だと考えているのが、このタイプです。
人は純粋に、これらの3つのいずれかのタイプに分けれらるわけではありません。
誰しも、全ての考え方も持っています。
ただし、人によって優位なタイプは違います。
このタイプ分けは、2つの面で役に立ちます。
1つ目は、自分の考え方の癖を知ることで、自分の意志決定の質を上げることが出来ます。
2つ目は、人を説得する時に、相手のタイプに合わせて説明することが出来ます。
これら、意思決定のタイプを知り、ビジネスの現場でも活用出来ているのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP