ビブラビ記事一覧

【会社の決定に納得しない社員】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
会社の決定事項や管理職の指示は、実行されなくてはなりません。
もし現場の社員が納得しないとしたら、どうすれば良いでしょうか?


人は誰でも、納得出来ないことに従いたくありません。
それは、会社の決定事項や管理職の指示に対しても同じです。
そこで、現場に社員に実行させるためには、納得してもらうことが大切なのは当然です。
そのために、必要なことは何でしょうか?
決定事項が会社にとって必要なことで、論炉的にも正しく、採用する合理性があることが1つです。
もう1つは、実行する社員に対し、きちんと説明することです。
ところが、現場の社員が全員納得するとは限りません。
最初から反対を表明する社員もいるかもしれません。
伝えた時には受け入れているように見えても、実際に実行しない社員もいるかもしれません。
いずれにしても、実行していないことに変わりありません。
そして当たり前ですが、実行されない限り、その効果も成果も出て来ません。
何かを決めるには、多くの情報や事情が関係します。
それを社員に伝えることが大切です。
さらに決めるには多くの判断基準が絡んできます。
その判断基準が個人と違うことが多くあります。
しかし、判断基準を決めるのは会社であり、経営者です。
納得してもらえなくても、受け入れてもらうしかありません。
そして実は多いのは、その決定によって実行することを受け入れないケースです。
・したくないことをしなくてはならない
・したいことを止めなくてはならない
・慣れていることを変えなくてはならない
などです。
いずれも個人的な好みに近い理由です。
今の時代、会社の決定事項は社員に対し、その理由も含めて説明を尽くすことは大切です。
しかし、最終的に納得が得られなくても実行させなくてはなりません。
それを担うのは現場を任されている管理職です。
決まったことをきちんと実行させることが出来るのは、現場力の高い管理職の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP