ビブラビ記事一覧

現状は過去の選択の結果

分かれ道に立つ男性二人

現状に満足している人も、不満を感じている人もいると思います。特に不満を感じている人には厳しい言葉かもしれませんが、現状を作っているのは自分自身の過去の選択です。

自己啓発、自己実現の分野で有名な本に「原因と結果の法則」という本があります。この本は、英国出身の哲学者ジェームズ・アレンの著書です。この書では、結果の原因は必ず人間の心の奥底にある思いにあると書かれています。つまり、今の現状の原因は外部ではなく自分自身にある、というのです。

ビジネスに限らず、行動が全てです。行動したこと、行動しなかったことの結果が現状を作っています。しかし実際には、行動の前にしたことの方が重要です。

  • 何を考えたか
  • どのように判断したか
  • 何を選択したか

その思考の結果として、何かを実行し、何かを実行しなかったのです。このように、ジェームス・アレンの言葉は正しいと思っています。

過去を振り返れば、辛いことや苦しいことが浮かぶかもしれません。しかし、逆に考えれば、希望が持てます。

種を蒔き、 世話をすれば実が実ります。同じことを続けていたら同じ結果しか得られませんが、することを変えれば、結果は変わる可能性があります。

最終的には、実行、行動が大切です。しかし、その前の選択の方が重要なのです。そして将来は、これからの選択と行動の結果です。これからの選択と行動で変えることが出来るのです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP