ビブラビ記事一覧

コミュニケーションで大切なのは理解しようとする姿勢

立ち話で男性に相談している女性

コミュニケーション能力と言えば、プレゼンテーションなどの伝える力、説明する力、説得する力を思い浮かべる人が多いようです。しかし、それらの能力を発揮するための前提として必要なのは一貫して相手のことを理解しようとする姿勢です。

理解しようとしていないと伝わったら

人と会話をしている時、自然と自分の言いたいことを言いたいものです。そして、自分が言っていることに同意してもらいたいと思うものです。極端な言い方をすれば、相手の話はどうでも良いのです。

もし話している相手が、自分のことは聞いてもらえていない、理解しようとしていないと感じたら、どのように思うでしょうか?

話すことを止めるでしょう。話すことを止められると、相手のことを知ることが出来ません。知ることが出来なければ、理解することも出来ません。

相手のことを知ることも出来ず、理解出来ていなければ、どうなるでしょう?どのように説明すれば良いのかも分かりません。どのように説得すれば良いのかも分かりません。結局、コミュニケーションの目的を果たせないのです。

そして何より、自分のことを理解しようとしてくれないのは、自分のことに関心がない証だと思われます。その結果、良い人間関係を築くことも出来ません。

自然としてしまうこと

理解しようとしてくれていないと相手が感じてしまう原因となることには何があるのでしょうか?

それは、聞きながら判断することです。

判断は理解とは違います。理解しようとして聞く場合、相手が何を言っているのか、相手の考えの理由や背景は何なのかを考えながら聞きます。一方、判断しながら聞く場合、相手の言っていることが正しいか間違っているか、良いか悪いかを考えながら聞きます。

人は自然と聞きながら判断する癖がついているものです。意識しなくても判断しながら聞いてしまいます。しかし、判断しながら聞いていると、その判断結果が表情やしぐさに出てしまいます。つい批判してしまったり反論してしまったり否定してしまったり、自分の意見を言ってしまったり、揚げ足を取ってしまうこともあります。

このように、理解しようとしているのではなく、判断しながら聞いているのは相手に伝わってしまうのです。そして、それが伝わると、相手は話すことを止めるか、止めなくても本音を話すことをためらうようになります。自分が言ったことを批判されたり否定されるのでは、安心して話せないので当然と言えます。

理解しようとしていることを伝えるためのヒント

理解することに徹することが出来れば良いのですが、簡単ではありません。判断しながら聞いてしまうのは無意識だからです。それでも理解することに意識を集中することは大切です。しかし、意識するだけでは不十分です。

そこで一つヒントになることがあるとすれば、口に出して確認することです。

  • 何を言っているのか、正しく理解出来ているか確認する
  • 言っていることの理由や背景を質問する
  • 質問の答えを正しく理解出来ているか確認する

意識だけでつい判断してしまうのを抑えることは難しいです。口に出して確認したり、理由や背景を尋ねる質問をしようとすれば、理解することに集中することが出来ます。さらに口に出すことによって、相手が聞いてくれている、理解しようとしてくれていると感じてもらえる可能性が高くなります。

理解しようとする姿勢が安心感を与える

相手が判断しながら聞いていると感じると、安心して話せないものです。安心出来ない相手に本音は話しません。本音を話してもらえなければ、相手のことを理解することが出来ません。

理解してから理解される

良い人間関係を築くためのコミュニケーションでは、この順番が重要です。自分が理解されたい、自分の考えを聞いてもらいたいと思うならば、まず自分から相手のことを理解するように努めることが効果的です。良いコミュニケーションの前提は安心感です。そのために、理解しようとする姿勢が重要なのです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP