ビブラビ記事一覧

【「責任」を取る上司は?】

現場力強化を支援している
オフィス・ビブラビです。
ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
責任は私が取るから
思い切ってやってみろ!
このように
上司から言われると
うれしいものです。
自分のことを
信用してくれている
期待してくれている
と感じるでしょうし、
思い切ってチャレンジする
気持ちになれるものです。
ところで、
上司のこのような対応は、
ベストなのでしょうか?


私が責任を取るからと
部下の背中を押す上司は
格好いいですし、
理想的だと言われています。
最低の上司が、
失敗は部下のせいで
成功は自分の手柄、
と言われていることから
考えてみると、
良い上司だと思います。
思うような結果が
出なかったり、
失敗した場合、
上司にも当然ながら
責任はあります。
しかし、
全ての責任を
上司が引き受けられるか
と言えば、
それは無理な話です。
当事者である
部下本人にも
相応の責任があります。
つまり、
失敗の責任を
全て上司のせいに
して良いわけでは
ないのです。
責任を負うことは
楽しいことでは
ありません。
苦しいものです。
しかし、
責任を負うことで
プレッシャーがかかり、
もがき苦しみながら
取り組むことで
「力」がつくのです。
背中を押す必要が
ある部下には、
上司が責任を負うことを
伝えることで、
チャレンジさせることが
効果的です。
一方、
仕事に真剣さが
足りない部下には、
上司も責任を負うけれど、
本人にも責任を
負わせることを
はっきりと伝えることが
必要です。
いずれにしても
上司である以上、
責任からは逃げられません。
そして、
部下を育てることも
必要です。
部下にチャレンジさせて、
「力」をつけさせる上で、
指導や管理の方法と共に、
「責任」の扱い方も
重要なのです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP