ビブラビ記事一覧

【社員の能力が伸びる現場の特長】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
社員の能力を伸ばすことは多くの経営者や管理職が望んでいることです。
しかし簡単なことではありません。
ボード_育成指導.jpg


能力を伸ばすには、本人の努力が必要です。
しかも継続的な努力です。
以前は、強制することが主流でしたが、今は通用しません。
ほめて育てられた世代は、強制しても従いません。
強要すると、パワハラで訴えられることもあります。
では、どのようにすれば良いのでしょうか?
まず取り組んでいる行動をほめることです。
そして期待を伝えることです。
初心者から初級者では、進歩も早いし、結果の変化も見えやすいものです。
成功体験を積むことが出来ます。
そして積極的に努力を認め、ほめることで自信を与えることが出来ます。
成長することに喜びを感じる可能性もあります。
ここまでは、意識して行っていて、うまくいっている現場もあると思います。
しかし問題は、この先です。
それ以降になると、進歩のスピードは落ち、結果の変化も目立たなくなります。
それでも努力を続けなければ一流どころが一人前にもなれません。
そこで出来ることは、働きかけることしかありません。
人によって、努力を続ける動機となるものは違います。
頑張れば結果が出る
頑張りを認めてくれる
結果をほめてくれる
相手が努力を通して成長する喜びを感じ続けるように働きかけることが、他人である経営者や管理職が出来ることです。
始めさせる時には、うまく乗せることが出来ることが多いですが、努力を続けさせるのは簡単ではありません。
以前のように、強制することは効果がなくなっています。
本人の意識や姿勢に頼るのも十分とは言えません。
管理職は、社員の成長を信じ、ほめ、認め、期待を伝える
社員は、その期待を感じ、成長する喜びを忘れずに努力を続ける
このような状態であるのも現場力の強い現場の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP