ビブラビ記事一覧

【笑いの取れないお笑い芸人】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
先日、大阪のお笑いの裏方を
長くされている人に
お話しをお聞きする機会がありました。
売れる芸人
売れない芸人
それを分ける理由は、
ビジネスの世界でも同じだと
感じました。
それは、
「自分を活かす」ために、
「人」のために
努力し続けている人が
成功しているところです。


売れないで消えていく
一番多いパターンは、
「人のせいにする」
人だそうです。
もちろん、芸人ですから、
ネタを考える
練習をする
を一生懸命するのは、
当たり前です。
ただし、それもしない人も
いるらしいのです。
そのような人は、
論外だそうです。
当たり前ですよね。
一生懸命努力しても、
最初から上手くいくわけでは
ありません。
そんな時、
つい「愚痴」や「弱音」が
出るものです。
チャンスをくれない
活かしてくれない
そして、最後には、
こんなに面白いネタなのに、
笑わない客が悪い!
まで思ってしまうそうです。
そこで止まってしまうと。
終わりだそうです。
売れる芸人になる人は、
チャンスをくれない
活かしてくれない
と愚痴る代わりに、
どんな役割を果たす芸人が
必要なのだろう?
と考えます。
笑わない客が悪い!
と愚痴る代わりに、
どうしたら笑ってくれるだろう?
と考えます。
そうです。
「なぜ」と「どうしたら」と
問いかけが違うのです。
そして、考える対象は、
「自分」ではなく「相手」です。
ちょっと脱線しますが、
世の中には、「天才」がいます。
しかし、売れる「天才」には、
口うるさく、練習をさせる
「相方」が必ずいるそうです。
良く出来たものです。
売れる芸人は、
裏方
共演者
プロデューサー
演出家
などの舞台を作る
「仲間」のことを考え、
「仲間」を活かす努力を
しているのです。
そして、
最終的に評価をする
お客様
のことを真剣に考えています。
ビジネスにも
共通していませんか?
人を活かして、
自分も活かされます。
そして、何よりも、
お客様の視点で
商品やサービスを考える。
どこの世界も、
「本質」は共通している
ものです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP