ビブラビ記事一覧

【無駄を徹底的になくす?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
勤務時間中の25パーセントは無駄なことに費やされているそうです。
無駄は徹底的になくす方が良いのでしょうか?


日本のホワイトカラーの生産性が低いことは、以前から言われていることです。
しかし、今回ニュースでも扱われた研究結果は、インパクトの強いものでした。
仕事時間の25パーセントが無駄なことに費やされているとしたら、無駄を省こうとするのは、当然です。
では、具体的に無駄な時間と判断されたのは、どんなことでしょうか?
指摘されたものの1つは、無駄な営業活動の時間です。
具体的には無駄な移動時間と、結果的に面談出来ずに終わった訪問に費やした時間です。
しかし、この無駄を減らすことは可能でも、無くすことは出来ません。
現場を知っていれば、全てを無駄と判断出来ないことが分かります。
営業先の都合もあります。
営業側の商談の都合もあります。
また、営業は人が人と行うことなので、効率だけを追い求めると成果が望めない現実もあります。
しかし、意識すれば減らすことが出来る部分もあるので、取り組まなくてはなりません。
そして最も無駄とされた上位2つは、会議と社内の報告業務です。
実際に働いていて、この2つをわずらわしいと感ている人は多いと思います。
また、改善の余地が多いものであることは間違いありません。
この2つは、仕事の成果という視点で見ると、この2つには何の生産性もありません。
しかし、この2つが全く無駄なわけではありません。
まず、会議も本来の意味の通り、会して議論することには意味があります。
意見を交換することで触発され、アイデアが広がったり、刺激を受けることが出来ます。
また、共に仕事をする仲間との人間関係、特に信頼関係を築くことも期待出来ます。
組織全体の生産性は、信頼関係があるのとないのとでは大きく変わります。
社内の報告も、実際には、ただ情報を伝えるだけではありません。
報告内容を考える中で、行動や業務内容、進め方などを振り返ることになります。
上司に報告する中で、問題などの現状を共有したり、アドバイスやヒントをもらえることもあります。
効率を考えることは大切です。
しかし効率的であることを最優先にすると、結果的に生産性を落とすことになります。
一見無駄な時間にも価値はあるのです。
効率化出来るものは効率化し、生産性の視点で見ると無駄なことの生産性も無視せず、必要な無駄を残すことも重要です。
このバランスが取れているのも、現場力の強い会社の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP