ビブラビ記事一覧

【人を巻き込むために大切なこと】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
ビジネスで結果を出すには人を巻き込む力が必要です。
そのために大切なことは何でしょうか?
巻き込むの図


ビジネスで必ず必要なのは、多くの人の協力や賛同です。
これらは人を巻き込むために必要です。
商品やサービスを創り、提供するには社内外の人の協力が必要です。
そしてお客様も提供している価値に賛同してくれるから、商品やサービスにを購入してくれます。
さらに今のマーケティングでは、お客様が商品やサービスへの良い評価をSNSなどで流してくれることも効果があります。
これもお客様が賛同してくれた上でしてくれる協力です。
いずれも、人を巻き込むと言えます。
人を巻き込むことが出来なければ、商品やサービスを創ることも、提供することも、売ることも出来ません。
では、人を巻き込むには、何が必要なのでしょうか?
例えば、人に協力してもらうために、立場などを利用して圧力をかけ、強要することも出来ます。
何らかのメリット、経済的利益を与える見返りに協力を得ることも可能でしょう。
しかし、これらの方法では、短期的には協力を得られるかもしれませんが、長続きしません。
そして、表面的、形式的には強力してくれるでしょうが、本気で協力してくれないでしょう。
本当に協力してもらうには、会社の事業や、提供している商品やサービスへの賛同が必要なのです。
そこで、人から賛同を得られるために行われている代表的なことは2つです。
1つ目は、魅力を感じてもらえるようなッションやビジョンを会社が掲げることです。
そして、2つ目は、商品やサービスに社会的な意義付けをすることです。
魅力的な言葉を使えば、賛同を得られやすいです。
ところが、それが本音や本当でなければ、いつかは人に知られるところとなります。
そうなると賛同を得られなくなるどころか、反感を買うことになります。
人の賛同を得て、巻き込むために、魅力的なミッションやビジョン、意義が効果的です。
人を巻き込むとは、本当に賛同を得、真剣に協力してもらうことです。
そのために必要なのは、魅力的な言葉と、その言葉を発信している人が、それを本当に実現しようとしている行動です。
実際には言葉で発信していなくても、行動だけで伝わり、人を巻き込むことが出来ることもあります。
人は他人のことを、その人の行動で評価します。
人を巻き込むには、魅力的な言葉だけでなく、それにふさわしい行動が重要です。
そのことを理解し、言葉以上に行動を重視しているのも、現場力の強い会社やビジネスパーソンの特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP