ビブラビ記事一覧

【意思決定のタイミングの影響】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
現場は会社の意思決定に従って動くものです。
会社の意思決定のタイミングが悪いと、どうなるでしょうか?


法律や制度は変わるものです。
会社の方針や仕組みも、変わることがあります。
多くの場合、これらの変化は、現場の人たちも事前に知っています。
現場は変化に伴って、仕事の進め方やルールも変わると認識しています。
そして、実際の業務をどのように行っていくか、どのように新しいやり方を導入するかの情報を待っています。
ところが、このような現場でどうするかに関わる詳細についての情報が前広に伝わることは多くありません。
大枠が決まっても、詳細を詰めるのは煩雑な作業です。
大変さは理解出来ますが、詳細が決まってからしか具体的な作業手順を決めることが出来ません。
もちろん、作業手順が決まらなければ、説明などの現場への導入方法を決めることも出来ません。
結果として準備不足のまま新しいやり方で業務を行うしかなくなります。
手順にも不備がある可能性も高くなりますし、現場の社員も手探りで業務を行うことになります。
当然、現場は混乱し、効率は下がり、ミスも発生します。
社員は疲弊しますし、精神的にストレスもかかります。
では、どうすれば良いのでしょうか?
それは、意思決定と決定事項の現場への伝達を早めに行うことです。
早めであるかどうかの基準は、決定する立場の人が急いでしたかどうかで決めてはいけません。
現場での運用開始までに必要な手順と作業、そのために必要な日数や時間が確保出来るかどうかを基準に考えなくてはなりません。
意思決定や決定内容の伝達は、現場での稼働開始までのプロセスから逆算して、適切なタイミングで行わなくてはなりません。
その遅れのしわ寄せは、全て現場の社員にいくのです。
経営陣が行う決定は、どんなに小さなものでも、現場の業務に変更しなくてはならないことが発生します。
現場でスムーズに対応出来るかどうかは、大枠だけでなく、詳細まで含めて、意思決定と決定事項の現場への伝達のタイミングに左右されます。
現場のことも考慮に入れ、適切なタイミングで決めるべきことを決め、情報を流すことが出来ているのも、現場力の強い会社の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP