ビブラビ記事一覧

【他人を喜ばせるのは難しい】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
相手が喜ぶだろうと思ってしたけれど、全く喜んでくれないことがあります。
なぜでしょうか?


人間関係を深めたいとする時、相手を喜ばせることをしようとする人が多いです。
しかし、いろいろと考え、頑張ってしたことであっても、喜んでくれないことがあります。
そんな時は、残念だと思うと思います。
非常に苦労してしたことであれば、喜んでくれない相手を責める気持ちになることもあるでしょう。
ところで、相手を喜ばせるために何をするかを考える時、どのようにしましたか?
多くの人は、次の2つの方法のいずれかを採ります。
・自分がして欲しいこと
・多くの人がして欲しいこと
しかしどちらも、可能性は低くはないと思いますが、確実とも言えません。
あなたと相手とでは、喜ぶことが違っていて当たり前です。
多くの人が喜ぶからと言って、その相手が喜ぶとは限らないのも当たり前です。
ですので、厳しい言い方ですが、相手を責めるのは間違っています。
では、どうすれば良いのでしょうか?
まず、出来るだけ相手が喜んだ事例などの情報を集めます。
機会があれば、どんな時、どんなことで喜ぶかを観察します。
会話の中で探りを入れてみるのも良いでしょう。
これらの情報を集めた上で、相手がして欲しいことを考えることが大切です。
このようにして考えても、必ずしも喜んでくれるとは限りません。
何に喜ぶかは本人しか分かりません。
もしかしたら、本人も分かっていないかもしれません。
自分自身のことを考えてみて下さい。
誰からでも、いつでもされると嬉しいことありますか?
意外にないものです。
人を喜ばせるのは、本当に難しいことです。
難しいと分かっていても、一生懸命相手のために考え、苦労してしたことが報われないのは悲しいことです。
喜んで欲しいです。
せめて、頑張りを認めて欲しいです。
しかし本当に大切なのは、相手を喜ばせるために、精一杯のことをしたことです。
その気持ちです。
そして、その気持ちは伝わるものです。
・出来ることを真剣に行う
・思うような反応が得られなくても、相手を責めない
・喜ばせようとすることを止めない
これらのことが出来ているのも、人間関係作りに長じた、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP