ビブラビ記事一覧

【意思決定に迷う3つのパターン】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
仕事柄、意思決定に関わることがあります。
人が決断に迷う理由はさまざまです。


経家者に限らず、管理職も社員も、日々多くの意思決定をしています。
その中には簡単に決められるものもあれば、決断に迷うものもあります。
それには3つのパターンがあります。
1つめは、選択肢に大きな差がないケースです。
極端な言い方をすると、どちらでも良いことです。
真面目な人ほど、何かきちんとした理由がなくてはならないと思うようで、決められません。
大差がない場合は、思い切って決めてしまう方が良いです。
もちろん、本当は大きな違いがあるのに、それに気付かず決めるのは雑な決断と言えます。
2つ目は、何か諦めなくてはならないものがあるケースです。
全ての面で優れている選択肢はないのが普通です。
優先順位を決め、その優先順位に従って決断することが大切です。
3つ目は、人の意見が気になるケースです。
人といっても、いろいろな人が考えられますが、まずは上司です。
仕事に関わることであれば、上司の意見が気になるのは当然です。
逆に、上司の意見を気にしないのも問題です。
しかし、普段からアンテナを張っていれば、判断基準は分かるはずです。
もし自信がなければ、部下の決裁は上司にも責任があるのですから、案を話して意見をもらえば良いのです。
そして、上司以外の周囲の人の意見が気になる人もいます。
職場で一目置かれている人や、経験豊かで信頼できる人から意見をもらうのは良いことです。
しかし、それ以外の人の意見は、気にしないことです。
人の意見を気にしないのは、簡単ではありません。
しかし重要なのは、自分で考え、意見を導き出し、自分の意見を持つことです。
事の大小はありますが、仕事は意思決定の連続です。
意思決定にかける時間は、仕事の生産性を左右します。
大切なことにはしっかりと時間をかけ、そうでないことは割り切ることが重要です。
これが出来るのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP