ビブラビ記事一覧

【自社を変えるのために外部の力は必要?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
現状に問題や課題を感じている経営者は多いものです。
今と同じことをしていては、同じ結果しか得られない、というのは定説です。
勉強熱心な経営者の方も多く、さまざまな解決策の情報も持っています。
なのに、なぜコンサルタントなど外部に頼る必要があるのでしょうか?


現状を変えるには、何かを変えなくてはなりません。
しかし、自社だけでするのは、難しいものです。
そもそも人の行動パターンを変えるのは難しいことです。
それは、自分自身の行動を変えることを考えると分かると思います。
一人の人の行動を変えるのでさえ難しいのです。
会社のように複数の人に同時に今までと違う行動をさせるのは、もっと難しいです。
変化を起こす場合、最初に一番大きなエネルギーが必要です。
そのエネルギーを出すために、外部の力を借りるケースが多いと感じています。
ワーク・ブレイクダウン・プログラムでは、実行を最も重要なことの一つだと位置づけています。
言い換えると、今までと違う行動を後押しするプログラムです。
新しい行動をするエネルギーの元になるのは、
・新しい行動が必要なことを納得していること
・新しい行動の内容や効果に納得していること
・変化を起こすことが自分事と感じていること
などです。
さらに外部の力を借りることで
・新しい行動が外部の専門家からお墨付きを得ていること
・外部の専門家から変化が必要だと判断されていること
などのエネルギーを加えることが出来ます。
ワーク・ブレイクダウン・プログラムは、行動パターンを変え始める時のエネルギーを与えるので価値がある、ということでも評価されてると感じています。
必要な変化を自分たちだけで起こせないでいるならば、外部の力を借りてでも必要な変化を起こすことも効果的で現実的な選択肢の一つだと考えています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP