ビブラビ記事一覧

【人に認められるためにする2種類のこと】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
ビジネスでは人に認めらることは重要です。
しかし、そのためにしていることはさまざまです。


仕事で人に認められたいと思っている人は多いです。
どのように認められるかはさまざまです。
・能力がある
・真面目である
などが基本にあり、その結果として、
・この人に任せよう
・育てよう
・助けてあげよう
と思ってもらえます。
人から認められるからこそ、成長の機会を与えられたり、仕事を任されるのです。
しかし、人から認められるためにしていることには、人によって違いがあります。
その違いは2つの方向性のどちらに寄っているかの違いによって変わります。
方向性の1つは、認められる人であることです。
能力の向上に努め、真剣に仕事に取り組みます。
その結果、能力が高くなり、仕事振りが真面目であれば、人に認められるという考えです。
もう1つは、認められようとすることです。
自分の有能さや真面目さを、印象付ける行動をします。
極端な言い方をすると、実際がどうであっても、認められれば良いという考えです。
現実には、認められる人になることも、認められるように努力することも、両方大切です。
ただし、2つ目の認められる方に偏ることはお勧め出来ません。
能力が不十分で、向上する努力も不十分、人が見ている時は真面目にしていても、誰も見ていなければ手を抜いているのは、見る人が見れば分かるものです。
アピールはあざとく見え、認められるどころか、低く評価されてしまいます。
もちろん、認められる人になることに集中していれば、誰か分かってくれ、認められるほど現実は甘くありません。
全くアピールをしないでいて、認めてくれる人がいないと不満を感じるのも良いことではありません。
認められる人になることも、認められるように努力することも、両方大切ですが、認められる人になる方に寄っている人の方が、長い目で見ると、本当に認められる人になっているようです。
やはり見る人が見れば分かるのです。
そして、付け焼刃では、数回チャンスを与えられることはありますが、長期的には認められなくなります。
必要なアピールをしながらも、認められる人になることに重点を置いているのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP