ビブラビ記事一覧

【全社目標は機能するのでしょうか?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
ビジネスでは目標を設定することが大切です。
ところで、その目標は機能していますか?


目標を決め、掲げている会社は多いです。
どのような目標を掲げているかと言えば、会社全体としてのものが代表的です。
たとえば、売上20%アップ、などです。
このような目標は、機能しているのでしょうか?
目標は経営者から発信され、社員に伝えられます。
目標をどのように感じるかは社員によって違います。
気分が高揚する社員もいれば、ただ負担に感じる社員もいます。
それでも何とか社員の気持ちを盛り上げようと、決起集会を開くなどの工夫を凝らしている会社も多いようです。
その時は、それなりに盛り上がるものです。
ところがその後、各自職場に戻った時、どうなるでしょうか?
実際には、現実の業務に戻ると、現実に戻ります。
例えば売上を直接担っている販売部門では、昨年度と店舗数と同じ販売員の数で、商品も変わらない中で20%アップするのは厳しいという声が上がるでしょう。
頑張ろうという気持ちだけで、売上が増えるわけではありません。
具体的に考え始めると、さまざまな課題が出て来ます。
今の体制のままで、売上を増やすには人員的にも販売促進の予算から考えても難しいかもしれません。
では、人を増やしたり、販売促進の予算を増やせば、売上は増えるのでしょうか?
それほど単純ではありません。
販売にタイミング良く対応出来るように、製造や仕入れが可能なのか不安があるかもしれません。
商品も価格も変わらないのに、売上を増やすのは難しいかもしれません。
ところが、仕入れや製造、商品開発など、その他の部門では、売上目標を負うのは販売部門だから、自分たちにはそれほど関係ないと思っていることが多いものです。
ただ販売部門に目標数値を上積みすれば、目標が達成できると考えるのは短絡的過ぎます。
全社の目標は必要です。
しかし、それを達成するには、目標を掲げるだけでは不十分です。
目標は掲げるだけで機能するものではありません。
それを分かった上で、目標を扱っているのも、現場力の強い会社の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP