ビブラビ記事一覧

【良い上司の条件を考える視点】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
経営者も管理職も部下を持つ立場です。
部下にとって良い上司の条件は何でしょうか?


会社は組織です。
そこには上下関係があり、経営者を除いて、全ての社員に上司がいます。
良い上司に恵まれているかどうかは、部下にとっては重要なことです。
部下の立場として、どんな上司が良いのか?
この質問には、さまざまな答が返ってきます。
そして、仕事に対する姿勢や、働くことへの考え方によって大きく違いがあるようです。
その中で、私が注目しているのは、能力が高く、仕事への姿勢が真摯で、平均以上の成果を出している社員の答えです。
このようなタイプの社員の多くが、上司に求めている要件の上位に来るものがあります。
それは、心強い存在であることです。
有能で前向きな社員は、仕事への姿勢も積極的です。
さまざまなことに挑戦します。
当然、壁にぶつかることもありますし、失敗もします。
そんな時に、頼りになる存在がいると心強いと感じるようです。
挑戦しようとする時に、背中を押してくれる存在
頑張っている時に、見守ってくれている存在
壁にぶつかった時には、相談出来、助言をもらえる存在
失敗した時に、フォローしてくれる存在
具体的に聞いていくと、このような上司がいると、心強いようです。
では、このような上司であるには、どのような条件を満たせば良いのでしょうか?
まず上司自身の仕事の能力が高いことが条件となります。
そして関係としては、密接に関わるというよりも一定の距離を置いて見守り、必要に応じて手助けする方が良いようです。
手助けにしても、直接手伝うのではなく、助言したり、環境を整えたりするなどのバックアップが望ましいようです。
一般的に評判が良いと言われている、何かと関り、手取り足取り教えたり、手助けすることが必要ではないようです。
特に仲が良いことや、気楽に接することが出来るなど心やすい存在である必要もないようです。
部下の能力を引き出し、会社に貢献してもらうことが上司の役割の1つです。
上司としてどうあれば良いのかを考えることは重要です。
もちろん、部下のタイプによって良い上司の条件は違います。
しかし上司としての要件を考える上で、実際の部下にとって望ましい上司をイメージするだけでなく、理想とする部下にとって望ましい上司像をイメージするのも良いことです。
いずれにしても、部下を成長させ、貢献させるのが、経営者や管理職にとって必要なだけでなく、重要な現場力の1つなのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP