ビブラビ記事一覧

【組織をまとめるのに必要なものは諸刃の剣】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
会社に限らず組織をまとめるにはメンバーから共感を得られる何かが必要です。
しかし、それは諸刃の剣です。


社員から共感をベースに社内をまとめるために有効なことの1つが、ミッションです。
ミッションのような高尚な言葉を使っているかどうかは関係ありません。
きちんと明文化されているかどうかも関係ありません。
その会社は何を大切にしているのか?
例えば価値、信条、目標、使命などです。
これらは商品やサービスだけでなく、事業の進め方や、日々の小さな判断にも表れます。
このようなミッションは、明確であればある程、強い力を持ちます。
ここで誤解して欲しくないのですが、その力が経営者にとって望ましい結果をもたらすとは限りません。
明確になればなるほど、魅力を感じる人を引き寄せますが、同様に反発する人も出て来るからです。
経営者の多くも、そのことに気が付いています。
ですので多くの会社では、表に出すものは万人受けするような内容にしたりします。
社内でも明確にせず、判断や指示も、一定の幅の中であいまいさを残しています。
ところが経営者の中には、何かに対して強い思い入れを持っている人もいます。
先日お会いした経営者の方がそうでした。
しかし、現実にはあいまいさを残していました。
明確にすることで、今頑張ってくれている社員の気持ちが離れるのが怖いのだそうです。
このようにミッションが明確な経営者にはジレンマがつきまといます。
明確にすれば会社の方向性が明確になり、会社の力を結集する効果があります。
一方、社内に必ず出て来る賛同出来ない人は、退社するか、会社に残っても仕事に対する意欲を失います。
そして賛同出来ない人にとっては、残っても居心地の悪い会社になります。
最初から明確にしていれば、賛同する人だけが入社する可能性も高くなります。
しかし一方、それで必要な社員が集まるかどうかは分かりません。
商品やサービスに関して言えば、市場が受け入れてくれるかどうかも分かりません。
いずれにしても背負うものの大きい経営者にとって、ミッションなどを明確にするのはリスクが高いのです。
そのリスクを理解した上で、どの程度の明確さでミッションなどを表現するのか?
そこに正解はありません。
ただし、これを決断し、決断したことをブレずに貫けるのが経営者に必要な現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP