ビブラビ記事一覧

【中小企業は本当に弱いだけ?】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
中小企業は大企業と比べて弱いと思われがちです。
それでは、本当に弱いのでしょうか?


大企業と比べてみます。
中小企業は資金力がありません。
社員数も少ないです。
社会から知られていません。
信用も低いです。
元受けや仕入れ先の決めたことに従わなくてはならないことが多く、自由度が低いです。
ちょっとした問題で、会社の存続が脅かされます。
挙げていくと、切りがありません。
確かに、上に挙げたことは弱みと言えます。
しかし中小企業には、大企業にはない強みがあります。
勉強熱心な方はご存知だと思いますが、ランチェスター戦略というものがあります。
大企業と同じ土俵で、まともに戦っても勝ち目はありません。
その土俵は、大企業の強みを生かせる土俵だからです。
経営戦略や多くのマーケティング戦略などを見ると、その根拠となっている成功例のほとんどが大企業のケースです。
同じことを中小企業がしても、勝てる可能性は低いです。
では、大企業の特徴が弱みになり、中小企業の特徴が強みとなるのは、どんな所でしょうか?
具体的に、ここというものは、私は知りません。
しかし、それを見つけ、その市場に求められるものを提供することが必要です。
そして、そのために必要なことは、やってみることです。
大企業は市場が小さいので参入して来ません。
そんな小さな市場でも、中小企業には十分な市場規模かもしれません。
その市場は長期間存在しないかもしれません。
大企業は小回りが利かないので、そんな市場のニーズに応えることは出来ません。
これが出来るのは、中小企業だけです。
ここで重要なのが実行力です。
しかも、素早く決断し、実行する力です。
もちろん、そんな市場が百発百中で見つかるわけではありません。
しかし、緻密にじっくり考えれば考えつくものでもありません。
しかし、うまくいかなければ、そこに投入した資金や労力は無駄になります。
体力のない中小企業にとっては、これは問題です。
ここで重要なのは、早く小さく始め、PDCAのサイクルを早く回し、見市場を見極めながら、進むか退くかを素早く決断していくことです。
中小企業は大企業と比べると弱い面も多いですが、強みもあります。
このような力が、中小企業に強化が必要な現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP