ビブラビ記事一覧

【「全て」をリストアップする方法】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
リストアップする時に大切なのは、
「全て」リストアップすることです。
これが意外に難しいのです。
これには二つの理由があります。
一つは、視点を変えないと
網羅出来ないため
もう一つは、
自ら「フィルタ」を
かけているため
です。


何かモノを考えている時、
何か糸口のようなモノに
関連付けています。
そして、
発想を広げたり
記憶を呼び起こしたりします。
ある程度、出尽くすと
止まってしまいます。
そこで、必要なのは
「別の」糸口や視点です。
ファシリテーターがいる場合は、
質問などで広げてくれます。
一人で考えている時は、
時間を置いてみるのが効果的です。
マインドマップを使うのも
効果的です。
今まで、
どの糸口、どの視点で、
考えやアイデアが広がったかが
分かるからです。
今まで考えた糸口から、
他のことが出てくるかもしれません。
別の糸口を思いつくかもしれません。
これも「見える化」の効果です。
そして、意外に厄介なのが、
自分でかけている「フィルタ」です。
本来、評価や判断は、
後で行うものですが、
アイデアを出している段階で、
リストアップするかどうか、
「フィルタ」をかけてしまって
いるのです。
関係ない
重要じゃない
この評価したり判断するのと、
発想を広げるのでは
脳の使い方が違います。
何人かでしている時には、
他人の評価が気になります。
一人でしている時には、
どうせ後で「自分で」
評価するのだから同じだと
考えてしまいます。
これが大きな「間違い」です。
一見、関係ないもの
意味がないものも
何かのテーマについて考えている時に、
頭に浮かんだのならば、
何か関連がある可能性があります。
新たな視点や糸口を
思いつくキッカケに
なるかもしれません。
他と結び付くことで、
価値のあるアイデアになる
かもしれません。
いずれにしても、
頭に浮かんだことは、
「全て」書き出しましょう。
何度も言いますが、
判断評価するのは後です。
リストアップは
出来るだけ多い方が良いです。
後で、整理する段階で、
広げた糸口からのアイデア
最初はくだらないから
却下しようと思ったアイデアが、
意外に大切だったりするものです。
思い切って発想を広げることを
楽しんでみてください。
思いっきり広げた発想から
生まれる「価値」に
気づいてください。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP