ビブラビ記事一覧

【社員から見ると気楽に見える経営者】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
社員から見ると、経営者は気楽な立場のようです。
それは本当なのでしょうか?


社員からは、経営者は気楽に見えるようです。
仕事に追われていなくて、暇そう
問題が起こると怒鳴り散らし、社員に無理難題を押し付けて、自分は何もしない
その上、高い給料をもらっている
社員から見えている所だけで言えば、このような感じです。
まったくお気楽に見えます。
しかし、本当に気楽なのではなく、気楽な所しか見せていないのが現実だと思っています。
もし逆に、
いつも仕事に追われていて、何か問題が起これば一人で抱え込み、ほとんど給料も取れていないとしたらどうでしょう?
きっと社員は、この会社大丈夫なのかと不安になるはずです。
社長は、社員とは役割が違います。
現場の作業はしていないかもしれませんが、決して暇ではありません。
情報を集めたり、人脈を頼って、問題解決の方法は常に探っています。
現場の問題は現場に任せ、もどかしく感じても直接手や口を出さないように耐えています。
経営が厳しい時は、給料も未払いにして、受け取っていません。
実際、資金繰りが厳しい時は、個人の預金を取り崩して、取引先の支払いや社員の給料に充てています。
銀行から借り入れを渋られれば、頭も下げます。
それでもお金が足りなければ、知人に頭を下げて借金を申し込みます。
もし会社が倒産すれば、個人の家や土地も担保で取られてしまいます。
これが中小企業の経営者の実態です。
特に経営が厳しいことが分かってしまいそうなことは、社員に見せません。
ある元銀行員で、総務部長として中小企業に勤めている方が言っていました。
社員の多くは、社長に対する不満を陰で言っているのを聞くことがあるそうです。
それでも、銀行員時代に経営者の苦労や悲哀を多く見てきているので、責める気にはなれないそうです。
そして、経営者にはなりたくないとも言っていました。
経営者には大きな責任があります。
そして決してお気楽な立場ではなく、厳しく苦しいことも少なくありません。
それは社員には分かりません。
というよりも、分からせてはいけないのです。
それを社員に見せてはいけないのが経営者です。
そして、社員が分かってくれないことを受け入れなくてはなりません。
このような行動と姿勢を保てるのも、経営者に必要な現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP