ビブラビ記事一覧

【部下の話を聞くのが苦手な管理職】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
部下の話を聞くのが苦手な管理職が多いようです。
問題は、本人にその自覚がないことです。


部下の話を聞くことを意識している管理職は多くいます。
特に、部下の意見に耳を傾けることの大切がを認識しているようです。
実際に、話を聞く機会を作っています。
一方、部下はどう感じているのでしょうか?
部下に話を聞くと、その効果は乏しいか、逆効果のことも多いようです。
その結果、話しても無駄と考えている部下も少なくありません。
部下の不満の理由は、聞いてくれるけれど、聞き入れてくれないからです。
その中には、実際には大きく分けて2つのパターンがあります。
1つ目は、すぐに反論されるパターンです。
部下の意見には、考えが甘かったりして、賛同出来ないものも少なくありません。
そこで、常にその場で反論している管理職がいます。
本人にそのつもりはなくても、聞きながら粗探しをしているのです。
2つ目は、伝えた意見を放置されるパターンです。
話したその場では、しっかり聞いてくれていて、受け入れてくれた印象で終わります。
しかし、その後、意見が取り入れられるわけでもなく、放置されます。
聞くことが目的になってしまっているのです。
どちらのパターンも、部下の話をしっかりと聞いてはいるのですが、結果として部下は不満を持っています。
その原因は、聞くスキルの中の不足です。
すぐに反論する管理職には共感のスキルが不足しています。
部下の意見を放置してしまう管理職には、自分の意見を伝えるスキルが不足しています。
部下の話を聞く時に必要なのは、まず相手の考えをしっかりと理解することです。
そして、部下に自分の意見を理解していると感じさせます。
その上で、上司の考えを伝え、共有します。
そこから議論を始めます。
部下の話を聞くことは大切です。
しかしその目的は、部下の育成や、業務の改善などに活用することです。
これも管理職に必要な現場力の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP