ビブラビ記事一覧

【良い失敗、悪い失敗】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
失敗は誰にとっても嬉しくありません。
ところで、失敗しないのは良いことでしょうか?


私、失敗しませんから
こんなセリフが決め文句の主人公のドラマがありました。
そんなプロがいれば頼もしいです。
そして失敗は嫌なもので、出来れば避けたいと思っている人が多いです。
ところが一方で、こんなことも言われています。
失敗は成功の母
失敗から学べ
挑戦するように励ます言葉です。
そして実際に失敗して落ち込んでいる人を立ち直らせる言葉です。
失敗も経験の1つなので、それを生かすように促す助言です。
これらは、成長のために役立つ、価値のある言葉です。
しかし、もう1つ重要な視点があります。
失敗自体の善し悪しです。
精一杯の努力をして失敗したら、それが本当の失敗である
アップルの創業者である、故スティーブ・ジョブス氏が、このような言葉を遺しています。
成功したのは、元々のゴール設定が低かったからかもしれません。
成功したとしたら、もっと頑張ればもっと良いものが出来たかもしれないのです。
低いゴール設定は、成長の機会と可能性を奪うことになります。
この言葉で、出来そうなことだけをするのを戒めています。
また同時に、取り組む姿勢の重要性にも注目しています。
精一杯努力することが前提です。
適当に取り組んでおいて失敗するのは失敗とは言えないと言っています。
精一杯の努力をしないで達成出来たとしても、それは成功とは言えないと戒めています。
ここまで厳格に失敗や成功を定義するのは難しいかもしれません。
それでも、失敗にも善し悪しがあります。
精一杯の努力で挑戦し、良い失敗を繰り返せるのも、強い現場力の要素の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP