ビブラビ記事一覧

業務負担が偏る理由

現場力強化の画像
2021/05/25 情報を更新いたしました。

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

同じ職場で働いている人でも、負担に差が出来ます。
何が違うのでしょうか?

同じ職場の中で、メンバーが複数いれば、業務負担は均等であることが理想です。
管理職も、そうなることを目指していると思います。
しかし現実には、メンバー間の負担には差が出ます。
では、負担が大きくなるのは、どんなメンバーでしょうか?

ノーを言わないメンバーのようなイメージがあるかもしれません。
しかし、そうではありません。

ノーと言わないメンバーには頼みやすいのは確かです。
ですので、ノーと言わないメンバーの負担も大きくなる傾向があります。
しかし、このタイプの人は、ノーと言わないだけに抱え込み過ぎる傾向があります。
そして、限界が来た時、突然ギブアップする人が多いです。
許容量以上の仕事を引き受けてしまうので、どこかで問題が起こるのです。

実際に、負担が大きくなるのは、前向きに仕事に取り組む人です。
前向きに仕事に取り組んでいる人に仕事は回って来ます。
そして回って来た仕事に対して前向きに取り組むので、能力がアップします。
より大きい負担を引き受ける代わりに、ビジネスパーソンとして成長するのです。

さらに優秀なメンバーには、さらに多くの仕事が回って来ます。
結果として、優秀な人に仕事が集中するのです。

逆に仕事が回って来ないメンバーもいます。
先に書いたような、ただノーと言わないメンバーのように、本当に余裕がないメンバーには、一定以上の負担は負わせません。
一方、あまり仕事が回って来ないメンバーの中には、特に成長の機会となる仕事が回って来ないことに不満を感じている人もいます。

このタイプの人は、能力があることをアピールする傾向があります。
しかし他の人には、その人の能力のレベルが分かっています。
さらに、引き受ける仕事を選り好みしたり、忙しくしているように見せかけることがあるのも、他の人には分かっています。
当然、管理職にとって、成長の機会を与える相手としての優先順位は高くなりません。

仕事に対する姿勢によって与えられる機会が変わり、結果として能力に差がつくのです。
このことを分かってるか、自然に出来ているかは分かりませんが、仕事に前向きに取り組むのも、現場力の強いビジネスパーソンの特長の1つです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP