ビブラビ記事一覧

テレワークでは出勤している社員も疲弊

山積みの書類に呆然とする男性

オフィス・ビブラビの長尾です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策の一環で、通勤自粛している会社も多いです。そのような会社で、数を限定して出勤している従業員に混乱も起きているようです。

テレワークを取り入れ、出勤する従業員の数を減らしている会社は多くあります。元々、全員出勤することを前提に業務は組み立てられています。従業員全員が出勤しなくても業務が回るように、業務の進め方ややり方を変えなくてはなりません。それは大変なことです。

さらに、テレワークを始めると、様々な課題が出て来ます。その主なものは、マスコミなどでも話題になっているように、在宅での仕事の環境整備、業務の管理とコミュニケーションです。これらの課題は、話題にもなっていますし、実際にリモートで仕事をしている人からも声が上がります。実際に対象方法を模索し、対応している会社も多いと思います。

しかし、あまり話題にならない問題も発生しているようです。それは、数少なく出勤している社員に起こっている問題です。

元々全員出勤することを前提に業務は組み立てられていますので、どうしても会社に来ないと出来ないことがあります。そのしわ寄せが、出勤している社員にきているのです。

本来在宅勤務の人の業務で出勤しなくては出来ない業務があれば、担当ではない業務でも手伝わなくてはなりません。担当したこともない業務を行うのは時間も手間もかかります。しかも、出勤していない社員が多いのですから、その業務量も多い上に、出社していない社員それぞれから依頼が舞い込みます。一人ひとりからの依頼内容はちょっとしたことでも、数が多いと対応するのも大変です。しかも、優先順位を付ける人もいなければ混乱して当然です。もちろん出勤している社員も、自分自身の業務があります。このように、出勤している社員が疲弊し、混乱している会社も少なくないようです。

テレワークしている社員の問題に対処していると、今度は出勤している社員の問題が起こるのです。出勤しないと出来ない業務の対応策も考えなくてはなりません。これも中小企業では、経営者が主導して対応しなくてはならないことです。そして、一つ解決の道筋が出来た頃には、次の問題が起こるものです。

本当に経営者は大変です。だからこそ私は、頑張っている経営者にエールを送り続けたいと思っています。そして支援したいと思っています。応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP