ビブラビ記事一覧

ソーシャルメディアは避けて通れない!?

デジタル・デバイドの次は、
ソーシャル・デバイドが、
問題になる時代かもしれません。
ネット選挙解禁が話題になっています。
政党や候補者が、
ソーシャルメディアを通じて
政策や考え方を発信することが
認められるようになります。
そんな時代の流れの中で、
あなたは、どんな風に
ソーシャルメディアと
付き合っていますか?


選挙の度に、
公職選挙法違反がニュースになるほど、
選挙活動の規制は厳しいものです。
その選挙活動にソーシャルメディアの
利用が認められたのです。
ということは、
ソーシャルメディアは、
一部の人が使っている
特別なものではなく、
一般的なものになった
ことの表れです。
最近、情報の流れの中で
ソーシャルメディアの位置付けが
一気に上がっている印象を
持っています。
ソーシャルメディアには、
1. 交流を深める
2. 交流を拡げる
3. 情報を入手する
4. 情報を発信する
5. 情報を広める
の五つの使い道があります。
「交流」の部分に、
スポットライトが当たっている
ソーシャルメディアですが。
今、話題になっている選挙だけでなく、
災害などの情報を
ソーシャルメディアを通して
発信する公共機関、企業が増えています。
これから情報の流れの中で、
ソーシャルメディアの位置付けは
ますます高くなります。
以前は、
デジタル・デバイド
が話題になりましたが、
これからは、
ソーシャル・デバイド
つまり、
ソーシャルメディア
を使わないために
情報から取り残される
時代になるかもしれません。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP