ビブラビ記事一覧

社員のワクチン接種

デスクで書類を見て困った様子の人

オフィス・ビブラビの長尾です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染防止対策としてワクチン接種が推奨されています。ワクチン接種は個人の自由ですが、社員本人の意思に任せて良いのでしょうか?

ワクチン接種には、本人が感染しにくい、感染しても重症化しにくい、感染しても他の人に感染させにくい、などのメリットがあります。一方、副反応もありますし、何年か先に何らかの副反応がないとは言えない、などのデメリットがあります。もちろん、既往症などが理由で接種すること自体にリスクのある人もいます。そこで、接種するかどうかは本人が決めて良いとされています。

ワクチン接種が始まった当初、ワクチン接種しない社員の処遇が問題になりました。パートやアルバイトの解雇、正社員でも実質的に解雇に追い込んでいる会社もあったようです。また、ワクチンを接種しないことを理由に配置転換したことも問題とされていました。

現在、多くの会社では、社員の接種は社員の意思に任せています。しかし、中には、全社員に接種することを要求している会社もあります。最近、国内の大手飲食業、海外の航空会社も全社員を対象に接種を要求していると報道されていました。

全社員にワクチンを接種して欲しいと考えている会社が多いと思います。ところが強要したり、接種しない人を解雇はしなくても配置転換すると問題視されそうです。

しかし、現実にはワクチンを接種していない人が応対することを嫌がる人が多くいます。当然、お客様や取引先などの中にもいます。社外の人と接する業務から外すことを考えなくてはならないでしょう。

また、会社は社員の労働安全衛生に配慮しなくてはなりません。接種していなければ感染する可能性が高いです。感染可能性が高い人が職場にいることを容認すれば、それは問題かもしれません。

もちろん、社員が陽性となれば、本人だけでなく、濃厚接触者は自主隔離が求められて業務から離れなくてはならなくなります。稼働人数が減るので業務に支障が出るでしょう。濃厚接触者の範囲は狭いですが、接触していた人は多くいるはずです。そのような人をお客様や取引先と応対させて良いかも微妙でしょう。そして何よりも、陽性者が出たことでお客様の足が遠のくことも想定されます。陽性者が出ることのビジネスへの影響は大きいのです。

会社としては、新型コロナウイルスの陽性者を出したくありません。陽性者の出る可能性を出来るだけ低くしたいものです。一方、ワクチン接種を命令しても、接種しない人を配置転換することも問題があると言われています。

社員のワクチン接種は悩ましい問題です。強要すれば接種したくない人から不満が出るでしょう。接種しないことを容認して配置転換などの対処をしても一部から不満が出るでしょう。対処しなければ、接種している人たちから不満が出るでしょう。

まさに社内外のさまざまな考えの人のことを考えると四面楚歌です。それでも何らかの方針を決めなくてはなりません。そして、社員の理解を得て、起こる可能性のあることへの対応を考え、実行しなくてはなりません。それは経営者の役割です。

本当に経営者は大変です。だからこそ私は、頑張っている経営者にエールを送り続けたいと思っています。そして支援したいと思っています。応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP