ビブラビ記事一覧

【今の時代に相応しい上司としての自信の源】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
経営者や管理職は、社員や部下に指示する立場にあります。
そして信頼される上司でありたいと考えています。
ところが、上司であることに自信を持てていないという話をよく聞きます。
どこに問題があるのでしょうか?


自信が持てないという人に聞くと、要約すると以下のような内容になります。
指示するためには、業務をよく知っていなくてはならない。
指導するには、業務に関わる知識やスキルを身に付けていなくてはならない。
上の2つが部下よりも劣っていたり、不十分なまま指示や指導していても部下からは信頼されない。
上司として信頼されるには、上の2つは本当に必要でしょうか?
職人の世界では、必要かもしれません。
技術の進歩がゆっくりだった昔はそうだったかもしれません。
新入社員は初心者で、だんだんと知識を深め、スキルを磨き、その優秀な人が昇進していくというイメージです。
上司は、全てにおいて部下よりも優れています。
ところが、多くの職場において、今の時代には、それは不可能です。
今、部下がしている業務については、部下の方が詳しいです。
業務に必要な知識は、部下の方が多く持っています。
業務に必要なスキルのレベルは部下の方が高いです。
実際、部下の方が知識があって良いのです。
部下の方がスキルのレベルが高くても良いのです。
部下の知識やスキルを活用して、部門に与えられた役割を果たすことが管理職の役割です。
知識やスキルで評価を高めることは出来るかもしれません。
知識やスキルがあれば、部下の業務を助けることが出来るかもしれません。
しかしそれで本当に上司に必要な信頼を得ることは出来ません。
信頼に必要なのは、公平さ、一貫性、愛情、強さなどの人間力のようなものです。
そして、部下と適切な関係を築くことが必要です。
今の時代、部下からの信頼がなければ、上司は務まりません。
そしてその信頼の一番の源は、知識やスキルではないのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP