ビブラビ記事一覧

【「説明」の現場で伝わること】

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
社内のスタッフ、
お客様、
いろんな相手に「説明」する
機会は多いものです。
「説明」することは、
ビジネスでは日常的なことです。
ところで、
当たり前のようにしている
「説明」ですが、
何を伝えたいのでしょうか?
そして、
何が伝わっているのでしょうか?


「説明」は、「説得」とは違います。
「説得」する場面であっても、
「説得」と「説明」は、
明確に分けて考えて下さい。
「説得」のゴールは
納得、了承、承諾ですが、
「説明」のゴールは、
理解です。
「説明」する時、
一番大切なことは、
伝えたい、
理解して欲しい、
という「思い」です。
この「思い」を支えるのは、
「説明」する内容への
「自信」です。
ここで勘違いして
欲しくないのは、
「自信」があるように見える
姿勢、態度、話し方
のことを言っていません。
このような、
目に見える部分で伝わるのは、
スキルの高さ、
準備や練習の周到さ、
の二つです。
「内容」の信憑性では
ないのです。
話を元に戻します。
「説明」の場面での
「自信」を支えるのは、
腑に落ちている
からです。
腑に落ちるためには、
「理論的」に、
きちんと理解出来ていることが、
前提になります。
「論理的」に理解出来ているから、
「説明」する内容に
「自信」が生まれます。
「論理的」に理解した上で、
その内容が腑に落ちているから、
伝えたい、理解して欲しい、
という「思い」が生まれます。
「説明」する内容への「自信」と
理解して欲しいという「思い」の
二つが伝わることが
一番大切だと考えています。
話の上手さや、
準備の周到さは、
必要なことですが、
「自信」と「思い」がなければ、
価値のないことで、
優先順位は低いのです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP