ビブラビ記事一覧

【ミーティングで結論を出す前にしなくてはいけないこと】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
会議やミーティングでは、
何か結論を出すことが
目的であることが多いものです。
「ワーク・ブレイクダウン」では、
○○さんに一任
という結論はありません。
参加しているメンバーで、
結論を出すことを目指します。
そこで、
結論を出すプロセスに入る前に、
しておかなくてはならないことが
あります。
それは、「背景」や「前提」の
「共有」です。


ミーティングでは、
いろんなアイデアが出され、
それぞれについて、
賛成、反対などの意見が
交わされます。
その話し合いの中で、
結論に至ると良いのですが、
話し合いだけでは、
意見が一致しないことがあります。
そんな時、
「意志決定」の「フレームワーク」を
使ったり、
多数決などの方法を
とることになります。
通常、結論を出すプロセスに入る前に
今までの議論で話し合った、
内容、論点、相違点などを
整理します。
ここで、
特に注意しなくてはならないのは、
「背景」や「前提」が「全て」、
話し合いの中で触れられて
きたかどうかを確認することです。
何かを判断する時には、
多くのことが影響します。
部署や立場による、さまざまな事情
過去の経験
既成事実
などです。
これらは、
「背景」や「前提」です。
そして、これらは、
例え同じ会社にいても、
例え同じ部署にいても、
例え同じ種類の仕事を担当していても、
全てが「共有」されているわけでは
ありません。
もちろん、
立場や個人の好み、考え方の違いで、
「背景」や「前提」が同じでも、
評価に差が出ます。
ただし、
それ以前に、
「背景」や「前提」が
「共有」されていないと、
そもそも議論がかみ合いません。
議論している段階で、
「背景」や「前提」の違いがあって、
議論がかみ合っていないことに
気づくことがあります。
その場合は、
「ファシリテーター」が
説明を求めたりすることで、
「共有」するコトを増やしていきます。
それでも漏れるコトも
出てきます。
そこで、より良い結論を出すためには、
「意志決定」する前に、
各アイデアのポイントを
整理・確認する
だけでなく、
判断、評価するに当たって、
「共有」する必要のある
「背景」や「前提」も
再度、整理・確認する
ことが大切になるのです。
「知っていること」
「分かっていること」
が違っていると、
良い「合意形成」は出来ません。
議論がかみ合わない時、
大切なことを決める時、
必要なコトが「共有」出来ているか
確認してみてはいかがでしょう?
意外と「共有」出来ていない
ことが多いものです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP