ビブラビ記事一覧

【休みモードから通常モードへ戻る工夫】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
休み明けはノンビリした気分の職場が多いです。
かと言って、ダラダラとした雰囲気が続くのも好ましくありません。
通常モードに戻すために何かしていますか?


久しぶりに職場の仲間と会えば、休み中にあったことなど、雑談のネタも多くあります。
ついつい長話になることもあると思います。
そうでなくても、長い休みが明けた直後はエンジンがかかりにくいものです。
多少は仕方がない部分もありますが、早く通常モードに入りたいものです。
ワーク・ブレイクダウン・プログラムのミーティングでも、同じことが起こります。
実際には、ミーティングは週に1回程度なので、毎回、前回のミーティング以降に起こったことなどを話したい参加者も出て来ます。
ミーティングの始めには、チェックインなどアイスブレイクを行うことが多いです。
検討モードに入るための儀式のようなもので、効果的です。
しかし、話が盛り上がり過ぎると、なかなか議論に入るきっかけがつかめなくなります。
そんな時には、話の途中でも、本題に入るように、ファシリテーターが介入することが必要です。
もしファシリテーターに、このような介入に苦手意識があるならば、どうすればよいでしょうか?
参加者がそろったら、すぐに場を仕切り、方法の決まったチェックインを行い、雑談に入らないするのも一つの方法です。
会議は、議論するために開かれるものです。
雑談は、必要な議論が終わった後に時間があれば、する時間を取れば良いのです。
このように、会議ならば、いきなり本題に入ってはどうしょう。
業務ならば、タスクリストのタスクに取り掛かるとどうでしょう。
休みモードから抜けるには、無理にでも通常モードに入るのも効果的です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP