ビブラビ記事一覧

【現場が力を発揮しない原因を知る方法】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
現場の重要性を認識している経営者は多くいます。
しかし、経営者や管理職の立場から見ると、現場は頼りなく見えるものです。
何が足りないのでしょうか?


現場には潜在的に力があります。
一方で経営者や管理職が望むような働きをしていない現実があります。
何か原因があるのです。
その原因は、一つのこともありますし、複数のこともあります。
そして会社によって違いますし、同じ会社でも部門によって違います。
では、どうすれば原因を知ることが出来るのでしょうか?
ワーク・ブレイクダウン・プログラムでは、現場で対応可能な現実のテーマを、現場が考え、対応していきます。
しかも、基本に忠実に、着実にプロセスを踏んでいきます。
そのプロセスを、現場の社員に実行させ、観察していると原因が見えて来ます。
その原因は、さまざまな領域にある可能性があります。
多くの経営者や管理職は、
・知識やスキルなど、学べば補えるもの
・社員の仕事への取り組み姿勢
に原因があると考えています。
ところが現実には、
・社内のルールや仕組み
・組織文化
などが原因のことも多いです。
これらが原因の場合、解決出来るのは経営者や管理職です。
現場が頼りない場合、現場の社員に対して研修を行ったり、プレッシャーをかけたり、モチベーションを上げるための対策が最初に検討されます。
しかし原因によっては、社員に変化を求めるだけでは、向上しないことがあります。
原因に応じた対策を考えるのは、対策を考える上では基本中の基本です。
対策や工夫をしても向上しないとしたら、そもそも原因が分かっていないのかもしれません。
実際、現場力の強化は、現場のレベルアップだけでは実現出来ません。
現場が頼りない原因を正確に知る上でも、ワーク・ブレイクダウン・プログラムは効果的な手段の一つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP