ビブラビ記事一覧

【決定事項が実行されていない時の対応のポイント】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
会社で決まったことは、現場で実行されているでしょうか?
実行されている、と自信を持って答えられる会社は素晴らしいです。
私が見ている限り、多少は実行されていても、徹底して実行されていない会社が多いと感じています。
実行しているかどうかを管理することも大切です。
もし、しっかりと実行されていないことが分かった場合はどうすると良いのでしょうか?
実行を強制し、管理を強めますか?


検討を重ねて決定した内容がどんなに素晴らしくても、実行に移されなければ望む効果は得られません。
ワーク・ブレイクダウン・プログラムでは、実行を最も重要なことの一つとして扱っています。
しかも、実行の質にも注意を払っています。
形だけ実行しているのと、真剣に取り組んでいるのとでは、効果に違いが出ることが分かっているからです。
もし会議で決めたことが実行されていなかったり、実行が甘い場合、ワーク・ブレイクダウン・プログラムでは、いきなり強要したり、叱責したり、管理を強めることは勧めていません。
実行していない社員や部署の話をじっくりと聞くことから始めます。
最初は言い訳のような話が多いものですが、そこで終わらせません。
決定事項に納得していない部分があるのか?
実行出来ない現場の事情があるのか?
を徹底して聞きます。
決まったことを実行していないのは、当然当人にも問題はあります。
叱責し、強要することは、ある意味当然かもしれません。
しかし経験から、叱責して強要しても、真剣に実行する可能性は低いと考えています。
本人の努力ややる気に焦点を当てても、本当の解決にはなりません。
会議の決定事項も実行も、全ては結果を出すためにあります。
十分納得出来ていなければ説明を尽くし、実行する上で障害があるならば取り除くことが必要です。
そのためには、まず相手の話をじっくりと聞くことが大切なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP