ビブラビ記事一覧

【新しい取り組みや企画をしっかりと検討するための2つの最低条件】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
何か新しいことに取り組んだり、企画を考えることは、ビジネスをする上で大切なことです。
ところが実際には、検討が思うように進んでいない現場が多いようです。
何かを始めるにも、企画を実行するにも、元々予定している時期があります。
検討が進んでいないと時間切れで、やっつけ仕事で計画を作ることが多くなります。
これでは、望む成果を得る可能性が低くなっても当然です。
どうすれば、検討は進むのでしょうか?


まず大切なのは、検討のための計画を立てることです。
これは、ワーク・ブレイクダウン・プログラムでも行っていることです。
新しい取り組みや企画を考えることも、一種のプロジェクトです。
きちんと計画していても、予定通りに進むとは限りません。
ましてや行き当たりばったりで、上手く進むことはありません。
計画を立てたとしても、さらに大きな壁があります。
それは、考えたり、複数の社員が集まって検討する時間を確保することです。
どんな人でも、日々すべき業務を抱えています。
そのような日常の中では、期限が先の検討事項の優先順位は自然と低くなります。
意識していなくても、先送りしてしまうものです。
検討計画と時間の確保の2つが、しっかりと検討するために必要な最低条件です。
考えてみると当然のことですが、意外とこの2つの条件を整えるのは難しいことです。
当然のことを、当たり前に出来るのは、強い現場の要件の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP