ビブラビ記事一覧

時代が変われば給与体系も

人のいない会議室

オフィス・ビブラビの長尾です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

新型コロナウイルスが時代の変化を加速させているようです。変化に伴い、給与体系を見直そうとしている会社も少なくないようです。

日本の給与体系と言えば伝統的に、終身雇用を前提とした年功序列が基本です。ところが会社にとって終身雇用を続けることは難しくなっています。年功序列も社員のニーズに合わなくなってきています。

以前、社員が主に会社に求めていたのは安定でした。雇用、給与、そして給与が上がっていくことと退職金、これらが約束されていることで、将来にわたって計画を立てることが出来ました。その安心感が重要でした。

ところが時代は変化しています。十分に稼ぎ、貢献しているのに、年齢が若いというだけで給与が低いということに若手社員が不満を募らせました。活躍する機会や成長する機会が少ない会社に魅力を感じない若手社員が増えてきました。

仕事よりもプライベートを重視する人も増えてきました。公私のバランスを取りたい人が増え、そのバランスは個人によって違います。多様なニーズに対応する働き方改革も必要です。

さらに多様性を活かすことや、女性の活躍促進、同一労働同一賃金にも対応が必要です。これらに対応しようとすると、以前からの給与体系では、社会や社員のニーズに応えられなくなっています。

そこに新型コロナウイルスが拍車をかけました。

通勤自粛要請に伴って、リモートワークが進みました。自社で導入していなくても、取引先やお客様への対応で必要になったケースも出てきています。これが働き方改革を後押ししました。

在宅勤務や休業要請で会社に行かない日や時間が減ったことも影響しています、働く人の意識も変わっています。多様な働き方を求める気持ちが強くなっています。将来への不安もあるのでしょうか、成長する機会が与えられることを求める人も増えているようです。

リモートワークでは、自宅を仕事をする場として使います。社員に場所を提供してもらうことになりますし、通信環境など、仕事をする環境を整えてもらわなくてはなりません。今までの手当の制度では対応出来ないことも多いです。

しかし、リモートワークのように、手当だけで対応出来るものばかりではありません。多様な働き方に対応するには、労働時間や勤務体系を変えなくてはなりません。成長の機会を与え、成長に報いるには人事賃金制度全体を見直さなくてはなりません。

これらを行うのは大変です。しかし、対応しなければ、ビジネスで支障が出て来るでしょう。優秀な社員を採用出来なくなるでしょう。やる気のある社員や優秀な社員が辞めていく可能性も高くなるでしょう。社員のやる気や成長意欲は高まらないでしょう。

給与体系を見直すのは会社全体にとって大きなことです。当然、経営者が中心となって推進しなくてはなりません。だからこそ私は、頑張っている経営者にエールを送り続けたいと思っています。そして支援したいと思っています。応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP