ビブラビ記事一覧

【安心感との付き合い方】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。
どんな人にとっても安心であることは大切です。
ところで、ビジネスに関して安心感とどのように付き合うと良いのでしょうか?


人は、どのような状態の時に安心感を感じるのでしょうか?
安心感を感じる条件を考える場合、逆のことを考える方が良いようです。
どのような時に不安を感じるか、です。
何か良くないことが起こる
今の状態が変わっていく
他と違っている
などが多いようです。
つまり、この逆ならば安心なのです。
何か良くないことが起こることは避けられないかもしれません。
それでも、起こらないようにすることは出来ます。
それでも起こってしまった時、大きな影響が出ないように対策を準備することも出来ます。
これはビジネスにおいても安心材料となります。
しかし、残りの2つは違います。
時代が変化すれば、ビジネスもその変化に適応しなくてはなりません。
商品やサービスを変えていかなくてはなりません。
それに伴って、社員がする仕事の内容も変わらなくてはなりません。
変化は不安の原因ですが、ビジネスを継続するためには、避けて通れません。
また、他と違っているのは不安です。
同業他社と同じことをしていると安心です。
個人でも、他人と同じであれば安心感を感じます。
ところが、他と同じということは、言い換えると平凡で特色がないことです。
それでは他との差別化は出来ません。
個性や特長を活かそうとするならば、他と違うことをしなくてはならないのです。
このように安心感と向き合う姿勢は、ビジネスでは重要なことです。
適切に安心感を扱えるのも、強い現場の特長の1つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス
執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP