ビブラビ記事一覧

下りのエスカレーター

荒野の坂道を駆け上がる人

ビジネスの世界は常に変化しています。そして変化に対応しなければならず、適応出来なければ生き残ることは出来ません。

ビジネスの世界は下りのエスカレーターに例えることが出来ます。下りのエスカレーターでは、立ち止まっていると、自然と下がってしまいます。下がるのは、

  • 商品やサービスの価値
  • マーケットやお客様からの評価
  • 競合他社との相対的地位
  • 売り上げ

などです。

ビジネスの世界は非情で残酷です。時代に合わなくなれば淘汰されます。上に挙げたものが下がれば、生き残ることが難しくなります。

生き残るためには、時代の変化に適応しなくてはなりません。競合他社に対して後れを取ってはいけません。そのためには、

  • 変化にアンテナを張って情報を集める
  • 変化にどう対応するか考え、決断する

などです。実際には、今までと違うことに取り組まなくてはならないことが多いです。

これは会社だけでなく個人も同じです。知識もスキルも常に価値を持ち続けることはありません。次から次へと新しいものが出てきます。時代遅れになるものもあります。ブラッシュアップしたり、必要とされるものを新たに身に付けなくてはなりません。

今、好調であっても安穏としていてはいけません。生き残るためには、時代の変化に合わせて、自らも変化し続けなくてはなりません。当然、今よりも上を目指すならば、より多くのことを変えなくてはなりません。

ビジネスの世界に生きるということは、下りのエスカレーターに乗っているようなものです。このことを忘れてはいけません。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP