ビブラビ記事一覧

相手の立場に立つ難しさ

管理職の現場力の図
2021/07/16 情報を更新いたしました。

現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

相手の立場に立つことが大切だと言われます。
ところがそれは簡単ではありません。

中間管理職は上司と部下との板挟みになることも多く、苦労の多い立場です。
上司や部下への不満を抱えている人も多くいます。
私が行っている中間管理職への指導では、上司や部下との関係も扱います。

部下への不満で多いのは、その仕事振りと、上司への態度です。
特に、注意したり指示した時の態度が不適切な部下への不満は大きいです。
無視したり、反抗的な態度をとるのは不適切です。
上司としては、不機嫌になって欲しくもありません。
管理職として、必要な注意や指示を与えるのは当然のことです。
それを、反論はあっても良いのですが、ある程度素直に聞くのが当たり前です。

一方、管理職にも上司がいます。
その上司に苦労している管理職も多いです。
理不尽な要求や指示、問題が起こった時の対応などが不満を感じる要因の主なものです。

そのような場合、どのように対処しているかを具体的に聞くと、興味深いことが分かります。
自分の部下がしている不適切な態度と、同じようなことを上司に対してしています。
そして、それを指摘すると、受け入れない人も少なくありません。
部下の態度は不適切だけれど、自分の場合は上司が悪いのだから正当だと主張します。

なかなか自分を客観的に見るのは難しいことです。

相手の立場に立って考えることの大切さは誰でも知っていますが簡単ではありません。
しかし、それによって、人間関係を改善するヒントが多く見つかります。
相手の立場に立って考え、自分の行動を客観視出来るのも、現場力の強い管理職の特長の1つです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP