ビブラビ記事一覧

【野球の投手のモチベーション維持】

現場力強化を支援している
オフィス・ビブラビです。
ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
仕事をする上で、
モチベーションを
維持するのは
大切なことです。
モチベーションは
他者や環境に影響を
受けやすいものとして
考えられている
印象を持っています。
特に、
やる気を失わせる原因を
自分以外に求める傾向が
あるようです。
やってられるか!
という感じです。
それでも、
ビジネスマン以上に
難しい環境にいながら、
自分で気持ちを整え、
モチベーションを
維持しているのは
野球の投手だと思います。


野球の投手も
調子の良い時もあれば
悪い時もあります。
調子の悪い時に
味方のファインプレーや
多く点を取ってくれることで
助けられることもあります。
ところが、
逆のケースの例の方が
多くあるように思います。
味方のエラーによる失点、
味方が打てず
点が取れない、
などで、
良いピッチングをしていても
負け投手になることが
あります。
味方リードで降板し、
後の投手が逆転されて
勝ち星が消える、
さらにその後
再度逆転して、
他の投手に勝ち星が付く、
そんなことが
あるのが投手です。
そんな理由で
負け投手になったり、
勝ち投手がなくなったり、
他の投手が勝ち投手になった時、
どんな気持ちでしょうか?
やってられるか!
という気持ちになり、
投げやりになりそうです。
それでも、
次に投げる機会までには
コンディションを整え、
良いピッチングを
することが求められます。
プロフェッショナルと
言われている人の多くは
モチベーションの源泉を
他者に求めず
自分自身でモチベーションを
高めているように
思えます。
原因を他者や環境のせいに
することで
モチベーションが
下がるようでは
プロフェッショナルとは
言えないのかもしれません。
何があっても、
一定以上の
パフォーマンスを発揮するのが
プロフェッショナルなのです。
私自身も
まだまだ未熟です。
野球の投手の
モチベーションの維持は
見習うべき
良い見本です。
あなたは自分の
モチベーションを
自分で整えられていますか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP