ビブラビ記事一覧

【「ホワイト企業」は窮屈?】

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
先日、
長く勤めていた会社を辞め、
個人事業主になった
ばかりの方と話して
いました。
お勤めになっていた会社は
絵に描いたような
「ホワイト企業」
だったそうです。
「ホワイト企業」
だからこその窮屈さに
耐えられず、
独立を決めたそうです。


基本的に
「ブラック企業」は、
労働基準法上
問題のある企業です。
残業代を払わない。
業務量が過剰で、
残業が多く、
労働時間が基準より長い。
などです。
残業代を払わないのは、
もちろん問題です。
法律で、
労働時間には
制限があります。
この二点については
法律違反です。
ところが、
取り組みたい仕事が
あるのに出来ない。
逆に言うと、
労働基準法を守るために、
時間内に出来る範囲の
業務に制限する。
そんなことが
起こるのです。
仕事への姿勢を見ると、
人は大きく二つに
分けることが出来ます。
自ら望んで取り組む
能動的なタイプと、
時間を切り売りして
与えられた仕事をこなす
受動的なタイプです。
能動的なタイプの人が、
もっと時間をかけてでも
やり切りたい、
もっと質を上げたい、
などと思うと
「ホワイト企業」は
窮屈で居心地の悪い
会社になるのです。
もちろん能動的なタイプも、
自分自身の基準で、
興味がないことを
多く押し付けられると
不満を持ちます。
この主観的な部分が、
「ブラック企業」と
「ホワイト企業」との
判断を分けるのです。
自分の能力を伸ばすため、
納得出来る仕事をするため、
思い切って仕事をすることが
「ホワイト企業」では
許されないのです。
本人がしたくない仕事を、
長時間強制するのは
問題があります。
受動的なタイプの人は、
思い切って仕事をすることを
望まないでしょう。
このタイプの人には
「ホワイト企業」は
価値があるでしょう。
しかし、
「ホワイト企業」は、
思いっ切り仕事を
したい人から
思いっ切り仕事をする環境を
奪ってもいるのです。
一部の困っている人を
守ることは大切ですが、
逆の側面もあるのです。
思いっ切り仕事を
したいために
会社を辞める人もいます。
運用上難しいのは
分かっていますが、
もったいないことです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP