ビブラビ記事一覧

【目標を表現する言葉】

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
目標の表現方法には、
いろんな種類があります。
目標を達成・・・
「します」
「しなくてはならない」
「しよう」
「したい」
「しています」
あなたの会社では、
どの表現が使われていますか?
あなたがあなた自身には?
あなたが社員に対しては?
社員の口からは?


「しています」は、
アファメーションと言われる
自分の潜在意識に
働きかける表現です。
自分自身に使う場合は
効果的と思われますが、
社員に対して使ったり、
社員に言わせたりすると、
洗脳するようなもので
かえって反発を買うかもしれません。
「しよう」は前向きで、
好ましい表現です。
経営者や上司から
「しよう」と声をかけるのは
良いことです。
社員同士で「しよう」と
自主的に声を掛け合う状況も
好ましいものです。
社員の口から「したい」という
言葉が出るのも好ましいです。
ただし、
「したい」と
言わされている
言わなくてはならない
状況にある
ことが
意外に多いことには
注意が必要です。
これは、
社員が「します」と言う時も
同じです。
社員同士で交わされる
「しよう」にも
共通しています。
経営者は
「しなくてはならない」を
よく使います。
ところが、
その理由や背景が
社員にきちんと伝わっていて、
理解し、
納得しているケースは
多くありません。
この場合、
社員が「したい」「します」と
言ったとしても、
上からの命令や指示に
従っているだけなのです。
会社の目標は、
社員にとって自分事に
なっていますか?
社員自身が
口から出る言葉ではなく、
達成しよう、
達成したい
と、
心の中で思っていますか?
そのために、
社員が理解し、
納得するように
十分に伝える努力を
していますか?
そして、
その確認をしていますか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP