ビブラビ記事一覧

【ネイマールの受けたファウルの場面を見て】

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。
サッカーの
ワールドカップ開催中です。
スポーツ観戦は好きなので、
ダイジェストではワールドカップも
チェックしています。
先日の
ブラジル対コロンビアの試合で
ブラジルのエース、
ネイマール選手が試合中に怪我をし、
以降の試合出場出来なくなりました。
その怪我をしたシーンを見て、
プロとしての仕事の評価について
考えたことがあります。


私はバスケットボールを
していました。
サッカーと同様に、
トップスピードで動き、
相手選手との接触もあり、
ある意味常に
怪我と隣り合わせです。
ネイマール選手の怪我の原因は、
相手選手の背中への膝蹴りです。
その選手は、
「怪我させるつもりはなかった」
とのコメントをしています。
本心でしょうか?
もし本心ならば、
膝蹴りをする瞬間、
正確に言えば直前、
何を考えていたでしょうか?
怪我させるかもしれないけど、
このまま蹴ってしまえ!
と思っていなかったでしょうか?
このまま蹴ってしまえば
大怪我になるかもしれないことを
知らなかったのでしょうか?
それとも、
大怪我をさせてしまうかも
しれないと思ったけれど、
避けることが出来なかった
のでしょうか?
ワールドカップに出るだけの
経験と能力のある選手が、
可能性を知らないことも、
避けることが出来なかったことも、
あのシーンを見る限りありません。
積極的に怪我させようと
思っていなかったかもしれませんが、
少なくとも、
怪我させても構わないと
思って蹴ったと思います。
ビジネスで言えば、
最初から騙そうとするのは
論外です。
最悪のケースでは
騙すことになっても構わないと
思うようでは
プロとしての意識に欠けています。
最悪のケースを
想定出来ないとしたら、
プロとして知識、経験不足です。
そして、
最悪のケースを
避けられないとしたら、
プロとして能力不足かもしれません。
ビジネスはスポーツ以上に
予測不可能なものです。
全てのリスクを避けることは
現実には不可能です。
それでも、
意識や知識のレベルは
プロでなくてはなりません。
ネイマール選手が
怪我をしたシーンを見て、
そんなことを考えました。
それにしても、
怪我の後のネイマール選手の
コメントは素晴らしかったです。
一日も早く回復して、
また素晴らしいプレーを
見せてくれるよう
願っています。
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビの
オフィシャルFacebookページは
こちらです。

http://www.facebook.com/OFFICE.VIVE.LA.VIE
ブログの更新情報の他、
現場力強化と活用についての
情報を投稿しています。
ページに「いいね!」
していただいたら嬉しいです。

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP