ビブラビ記事一覧

【目標を決めるのは「経営者」】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
「ワーク・ブレイクダウン」では、
多くのことを
現場が考え、
現場が決めることを勧めています。
では、どこまで現場が
考える方が良いのでしょうか?
解決するべき問題、
取り組むべき課題、
それぞれの達成基準、
これらは、「経営者」が
決めなくてはなりません。


「ワーク・ブレイクダウン」は、
現場の知恵を活かし、
現場力を強化するプログラムです。
当然、権限委譲も伴います。
会社は、
どこに向かっているのか?
何を目指しているのか?
そのために、
何に取り組まなくては
ならないのか?
どの水準を目指すのか?
を決めることを、
現場に任せてはいけません。
もちろん、
上のようなことを決める上で、
現場から情報を集め、
現場のアイデアを募る
ことは効果的です。
ただし、
決めるのは「経営者」です。
「行き先」を決めるのは、
「経営者」です。
どうやって行くかなど、
「ルート」や「方法」や「手段」を
「ワーク・ブレイクダウン」で
現場が考え、決め、実行するのです。
現場に何かを任せる時、
方向性や目的、目標を
明確に伝えていますか?
現場は、
どこを目指せば良いか分からず、
混乱していませんか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP