ビブラビ記事一覧

【経営での「仏作って魂入れず」】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
3月になりました。
4月から新年度となり、
事業計画を作っている会社も
多いことと思います。
毎年作る事業計画ですが、
計画通りにいっていますか?


最近、
いくつかの会社の事業計画を
見せていただいたのですが、
とても良く出来ていました。
事業計画の大切さや、
計画作りの書籍も多く出ていて、
経営者の方も
よく勉強されていることを
実感します。
ところで、
事業計画の良し悪しで
事業がうまくいくかどうかが
決まるのでしょうか?
実は、成否のポイントは、
事業計画の良し悪し
ではないようです。
「仏作って魂入れず」
ということわざがあります。
会社で「仏」とは何でしょう?
社是
ミッション
事業計画
などでしょうか。 
では、「魂」は何でしょうか?
それは、
実行とPDCAのサイクルを回すこと
だと思います。
「仏」と「魂」そろって初めて、
成果が期待出来ます。
どちらかが大切、
ではなく、
どっちも大切です。
キッチリと練り上げた計画、
そして、「実行」です。
計画があるから、
実行出来ますし、
PDCAのサイクルを
回すことが出来るのです。
もし、計画通りにいかないことが
多いようならば、
計画と実行との間を埋めるもの、
これが欠けているのかもしれません。
それは、
「行動」が分かる、
つまり、
何をしたら良いか、
何をすべきかが分かる
「実行計画」です。
事業計画などで、
「何に取り組むか」
が分かったからといって、
「何をするのか」
が分かるわけではありません。
事業計画、実行計画を、
その背景、意義を含めて
「伝える」ことで、
「実行」へと結びつくのです。
「仏」に「魂」を入れるにも、
必要な準備があるのです。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP