ビブラビ記事一覧

もっと上に行ける?

荒野の坂道を駆け上がる人

オフィス・ビブラビの長尾です。ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

東京オリンピック2020が終わりました。期待された結果が出せた選手も、出せなかった選手もいました。目指す結果が出せた選手も、出せなかった選手もいたでしょう。結果に関わらず、私は観ていて、選手たちの頑張る姿に感動しました。

今回のオリンピックに関する報道やコメントを聞いていて思ったことがあります。選手の中には期待以上の結果を残した人やチームがいます。これらの選手たちは、今回の結果が出せると思っていたかどうかについてです。

参加する限り誰でも金メダルを取る可能性があります。しかし、どの競技もそれまでに世界大会などがあり、戦った経験があり、世界ランクが付いています。前評判で金メダルが望めるランクになければ、金メダルを目指していないのでしょうか?入賞圏内にいなければ、入賞を目指していないのでしょうか?

実績から考えると相当上の結果を目指すと口にすればビッグマウスとか僭越とか言われるかもしれません。それでも選手は、口にしたかどうかは別にして、少なくとも事前の世界ランク以上の結果を目指していたと思います。現在の世界ランクよりも上位の結果を

  • 出したいと思い
  • 出せると思い
  • 出せると信じ

練習を積んで来たと思っています。そのような選手が世界中から集まって競うのがオリンピックなのです。

もっと上を目指していなければ、下位のランクの選手に抜かれるでしょう。そして、上を目指し、上位の結果を出したいと思い、出せると思い、信じているから、事前の予想以上の結果を残す可能性が出て来るのです。

最初から上を望まなければ楽かもしれません。しかし、頂点も見据えながら上を目指すから、上に行けるのです。

これはビジネスや人の能力にも共通していると思っています。最初から諦めていたら、上に上がることはありません。逆に上に上がろうと頑張っている人に抜かれ、相対的に下がる可能性が高いです。

上を目指すには、上に行けると思わなくてはなりません。上に行きたいと思い、行けると思い、信じているから、頑張ることが出来るのだと思っています。しかし頑張るのは楽なことではありません。

経営者が会社として上を目指し、社員にももっと上を目指して欲しいならば、もっと上に行きたいと思い、行けると思い、信じなくてはなりません。会社全体がそのように思っているかどうかについて最も影響力が大きいのは経営者です。

だからこそ私は、頑張っている経営者にエールを送り続けたいと思っています。そして支援したいと思っています。応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP