ビブラビ記事一覧

【間違った場所にかけたハシゴ】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
先日、クライアントの会社の社員の一人と
雑談をしていた時の話です。
その社員は、
ちょっとした悩みがあるようでした。
その悩みは、簡単に言うと、
「頑張っているのに評価されていない」
といった内容でした。
このような悩みを持っている人は、
結構多いように思います。
この原因には、
三つの可能性があります。


一つ目は、
上司や会社が、
評価を伝えていない場合です。
最近、「褒める」ことの
大切さが注目されています。
それでも日本人の特性もあり、
「褒める」ことが苦手な人が
多いのも事実です。
どう評価されているのか、
上司に聞いてみるのも
一つの方法です。
二つ目は、
本人の自己評価が低い場合です。
褒められても、
評価されても
素直に受け取れず、
自信が持てないのです。
この場合、
自分で自己評価を見直すことが
出来れば一番良いのですが、
定期的に評価を確認するなど
上司や同僚に協力してもらう
方法もあります。
最後の三つ目は、
間違った努力をしている場合です。
ハシゴは、正しい場所にかけないと、
違った場所に行ってしまいます。
いくら頑張って登っても、
そこに目的のモノはないのです。
仕事を評価するのは
会社であろうと上司であろうと、
「他人」です。
一つ目の原因にも通じるのですが、
職場でのフィードバックは大切です。
何が評価され、
何が評価されないかが分かれば、
何を頑張り、
何を直さないといけないか
が分かります。
「何が評価されるのか?」
「何を求められているのか?」
が「共有」されていないことは
意外と多いものです。
評価されることを望むならば、
「評価する側の人」に、
その判断基準を聞いてみることが
大切です。
これは、社内だけでなく、
対お客様にも
言えることです。
あなたは、
仕事を「評価する側の人」の
評価基準が分かっていますか?
ハシゴは正しい場所に
かかっていますか?
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP