ビブラビ記事一覧

【社員育成に影響のある時代の特徴(8)】

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。
「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。
先日のブログで、
社員として育成する上で、
関係が深いものを
いくつか列挙しました。
その中で、今回は、
「交遊関係が限定的」
について考えていきます。


携帯電話やメールは当たり前、
その上、
ソーシャルメディアの普及で、
人とのつながりは広げやすく、
また、
連絡を取り合うのも
簡単、便利になりました。
交流の可能性は
広がったようです。
交流の「深さ」は
どうでしょうか?
どうも、
浅く薄っぺらいようです。
交流の「幅」は
どうでしょうか?
実際は、
狭くなっているようです。
気軽につながる代わりに、
気軽に「縁」を切る。
気楽な相手とだけ
付き合っていくことが出来、
それでも、
それなりの数の人との
付き合いが可能です。
人間関係は、
うっとうしい部分もあります。
家族や近所の人、
学校の先生、
部活などの先輩
などからは、
注意され、命令されます。
同級生にも、
気に入らない人が
いるでしょう。
気に入らない人でも、
付き合わないといけない人
はいます。
以前は、
そのような人たちとも
付き合う術を、
経験を通して
身につけてきました。
ところが現在は、
気に入らない人とは
付き合わないで済ますか、
距離を置いて付き合う、
付き合いたい人とだけ
付き合う、
そんなことが可能な時代です。
一見、交友関係が広く見えますが、
実際には、
「気の合う人」との
出会いや交流が簡単になっただけで、
かえって「幅」は狭くなっている
印象です。
当然の結果として、
年代、趣味、嗜好、考え方が
違う人と付き合うことが
不得手な人も増えています。
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
「ワーク・ブレイクダウン」は、
「見える化」によって、
現場の実践力を高める手法です。
あなたの会社、
あなた自身、
もっと良くなります。
応援しています!

オフィスビブラビ公式Facebook

PAGE TOP